debパッケージ作成手順メモ

あってるのかわからんけど記録しておく。

deb作成に必要なパッケージを入れる

aptitude install dh-make
aptitude install fakeroot

今回つくるlibofxパッケージの依存物 libosp-dev 入れる

aptitude install libosp-dev

パッチを当ててインストールできるかどうか試す

mkdir -p ~/tmp/deb
cd ~/tmp/deb
wget (zxvf libofx-0.9.0.tar.gzの場所)
tar zxvf libofx-0.9.0.tar.gz
patch -p0 < utf-8_fix.patch
cd libofx-0.9.0
./configure --prefix=$HOME/tmp/deb/root
make
make install

うまくいったっぽいことを確認

じゃまくさいのでよけとく

cd ..
mv libofx-0.9.0 libofx-0.9.0.installed

つぎはパッケージ作る準備

tar zxvf libofx-0.9.0.tar.gz
patch -p0 < utf-8_fix.patch

現在のパッケージのDIFFをとってきて充てる(dh_makeでつくられるべきファイルはこのパッチで生成される模様)

wget (libofx_0.9.0-2ubuntu1.diff.gzの場所)
zcat libofx_0.9.0-2ubuntu1.diff.gz | patch -p0

オレオレであることを記述

cd libofx-0.9.0
emacsclient debian/control
emacsclient debian/changelog

最後にdeb生成

dpkg-buildpackage -rfakeroot

ばんざい。

参考