タグ別アーカイブ: 政治・社会

希望する政治シナリオ

とりあえず利権構造と政治家間関係がちがちな状況なわけで、総理になるひとにどんな実力があろうとも無理。そのガチガチの構造を解体してもらうために、ここらで一旦民主党に政権をとってもらうのがいいんじゃないのか。あとは政党がどうなるかはわからんけども、少なくとも大きな政局変化が期待できるだろう。こうしたお膳立てがないと何も始まらない。

じゃあお膳立てができたらどうするの、ということなんだけど、いまの総裁戦候補のなかで考えてみる。おそらく、麻生並みにカリスマ性がある議員(『なんとなく層』を掴めるやつ)と、与謝野クラスの頭脳を持った議員がタッグを組むとうまくいくと思う。まあ、お膳立てがなければいろんな抵抗を受け、速度が落ち、なんだかなぁって感じになっちゃうと思う。

このシナリオの問題は、民主党の青臭さをあえて国民が受け入れられるのか、ということ。つまり民主党政権に期待するのではなく、プロセスとして受け入れられるのか。なんとなく、本気で民主党支持してる人と、とりあえず麻生支持する人の2通りくらいしか目立たない気がして、なんだかなぁ、という感じ。

とりあえず民主党がんばっとけ。