mod_security2のoutbound系チェックは重い

チューニング続き。

mod_security2をがちがちにして導入していたので、ルールを見直してみた。

RESPONSE_BODYでgrepしていろいろ外したところ、7[req/sec]から15[req/sec]になった。

ApacheもWorkerじゃなくてPreforkだけど特に困っていないし、たいしてアクセスもないので、もうこれ以上いじる気はしないな。

あと、エラー画面にmod_unique_idの環境変数を表示するようにした

Error Unique ID: <!--#echo var="UNIQUE_ID" -->

をエラーテンプレートに追加しただけだけだが。

そしてこの文面を書いている今まさに、SSI injectionが検出されてしまった。きつすぎる。

eaccelerator, wp-cache

WordPressがやたらと重かったので、eacceleratorとwp-cacheを導入した。

秒間0.3リクエスト!!から6リクエストになった。

まだまだ遅い。

ついでにテーマも変えた。

チューニングついでに気がついたんだけど、procfsは手作業でマウントしなきゃならないのか。まえからそうだっけ。

ナードコア周辺言説についてひとこと言っておくか

今更興味がある人は少ないと思うけど、新年会でひさびさに昔の話題になって、その際いろいろ思い出したので書く。情報源は自分とその周辺なのだけど、具体的にはXROGERの流れと、比較的交流のあったSHARPNELの流れ、あとは当時からナードコア周辺に出入りしていたコアなファンたちからの情報などが元なので、細かい事実関係は間違ってるかもしれない。ただまあ、渦中にいた者としての一感覚として受け止めてもらえば幸い。

ナードコアとは (ナードコアとは) – ニコニコ大百科

で、まあ、このニコニコ大百科の記述で辞書的にはあってるとは思うのだけど、もう少々補足すべきことはありそうだとも感じる。

私が考えるところ、現在大百科の定義にあるような「ナード(A&G、いわゆるアニメ、ゲーム的なもの)+ハードコア」というとらえ方は、どちらかというと結果的にそれらが印象に残り、引き継がれていったというだけで、そのスタート時の本質は別のところにあったように思う。

その辺を少し補足することで、その意味が少しクリアになるかもしれない、特に若い人にとっては。

続きを読む