月別アーカイブ: 2008年10月

Linuxでうごく経理ソフトさがし(GnuCash)

Linuxで動く手頃な経理ソフトないかなと思って調べてみたところ、[dic:GnuCash]が良さそうであることがわかった。

少しさわってみた感じ、[dic:Microsoft_Money]をシンプルにした印象。

よくある現金の出入りを記録するだけの家計簿として使うには、ちょっとオーバースペック。

逆に言えば、使う人に多少の複式簿記の知識があれば、かなり強力なツールになるということでもある。

機能的には、小規模な事業になら十分使えるという謳い文句は正しいと思う。売掛買掛の管理も一応あるし。バランスシートなどの財務資料もすぐ出せる。ただ、帳票の見た目は商用ソフトに比べたらシンプル極まりない。まあ、自他ともに認めるミニマリストであれば問題はないだろう。あと、小売業には向かない感じ。1

市販の会計ソフトは至れれつくせりで楽なんだけども、法改正の度(ほぼ毎年)有償でアップデートしなきゃならないのがもったいない。例えば今年度は租税特措法が延長されたわけだが、市販ソフトだと有効日時の縛りがあって少額資産の入力ができなかったりする。ぶっちゃけ法令がどうあれ、自力で仕訳さえできれば何でもありでいいはずなんだよな。そんなもの本見ればわかるし。仮に本見てわからなかったとしたら、そういうケースでは市販ソフトの補助なんかでも仕分けできないだろうから、結局同じだし。まあ、OCR用紙に直印刷とか、慌しい時には便利だったりするのかもしれないけど、年に1回なんだからべつにいらない気もするんだよね。

まあ、もう少しいじってみる。何だかんだで仕事では市販ソフトつかってるので、もしかしたら高度な個人むけ小遣い帳になりそうな予感。

libofxとutf-8

自分の環境だと、銀行やカードの明細情報の取り込みに使われている、OFX(Open Finance eXchange)形式のファイルのインポートで、日本語がうまくあつかえず、文字化けしてしまった。

どうやらlibofxが原因の模様で、パッチも投稿されていた。2で、ついでなのでオレオレdebパッケージにしてみた。deb作るの初めて。

GnuCash目的であれば、たぶんlibofx4だけでいいです。

参考

  1. 小売業ならQuasarが良さそうだ。Standaloneは無償。400ドル程度でバーコード管理もできるようだ。 []
  2. Bug #276379 in libofx (Ubuntu): “Cannot handle OFX file with UTF-8 encoding” []

M3とEXTRA

10/13、はんだやCDの在庫と、若干の仕事を抱えつつ、M31へ。

[twid:Nakada_itpro]こと中田氏と9、10年ぶり?5、6年ぶり2に会った。積もる話をしつつ。あとはいつものメンツ。

んで、ちょっと早めに切り上げて、Extra3へ。みんなでグダグダしながら向かっていたため、遅刻。DS-10トリオが見れなかった。

身内は褒めないルールを適用しつつ、イベントを評価するとするならば、Hip Tanaka.exこと[dic:田中宏和]氏が別格だった。重みが違いすぎる。その調子で回顧だらけで現在を進行してないChiptuneの息の根を止めてください。

その他、いろいろ懐かしいゲームミュージックが生演奏されたりするわけだが、自分が好きだったのはfusionそのものじゃなくてfusionをゲーム機で再現しようとしてたものだったんだなと改めて思った(だからこそDetroitに響くわけだが)。でもやっぱ、スペースハリアーは震えた。

最後のIM@Sタイムは、スポットは当たっていなかったものの、オケはquadさんライブだったわけで、いまやトレードマークとなりつつあるTB-303を捻る様を上から眺めていたわけだが、そのことに気づいた何人かの人たちが、終了後にquadコールする様子を俯瞰しつつ、ちょっとほっとした。

あと、IM@Sには、『アイドル育成ゲーム中のアイドルを演ずるアイドル声優』、という入れ子構造があるわけだが、それと同時に、『アイドル育成ゲームによってアイドル声優を育成するプロデューサー』、という構造も当然あるんだよなぁと、VIP席のスタンディングっぷりをみてて思った。

  1. M3 HOMEPAGE []
  2. 時間軸認識が非常にあいまい。まあ、久しぶりすぎるのは確か。 []
  3. EXTRA – HYPER GAME MUSIC EVENT 2008 []